« 今日 | トップページ | 穏やかです »

2011年3月19日 (土)

オンショアで

Dsc00295

震災から1週間

まだまだ、予断を許さない状況が続いております。

被災地では、徐々にではありますが、何とか物資の搬入が始まりました。

これからまだまだ色々なことがありすぎて、どこから手をつけてよいのやらといった状況でしょう。

茅ヶ崎からも市の消防隊員数名が、災害復旧の支援活動として遠征しております。

福島の原子力発電所も予断を許さない状況が続いております。

茅ヶ崎支部では、現在、海への入水に関して自主規制中として対応中。

市、防災対策課とも今後の方向性について話をしているとのこと。

中々、難しい問題であります・・・

|

« 今日 | トップページ | 穏やかです »

サーフ」カテゴリの記事

コメント

波乗りが規制されておりますが、津波警報・注意報も解除になっておりますし、個人の自主性にまかせて普段通リに生活を送るのがよいと感じてます。 食料やガソリンなどの買い溜めは異常としか言いようがありません。 神経質になるのも分からなくもないですが、あまり過剰になりすぎるのもどうでしょうか・・・

自然相手のスポーツである以上、波乗りを規制解除する目安などあるはずありません。

投稿: | 2011年3月19日 (土) 19時36分

心落ち着きたく、海と共有するために自身で決めればよいのではないかと思います。

規制をすることがホントに良いことなのか、自然に自然体で海と付き合うことをすることが良いと思います。

勿論震災で被害を受けた方たちに対する気持ちは同じですが、過剰に強制的に規制することは避けたほうが。

普通の生活し、普通に波乗りをし、普通にが一番良いと。

また津波警報が出ることがあるとは考えますが、相手が自然です。 わかる人はいないと思います。いつどこでは。
今まで通り、海と共生してはどうでしょうか?

投稿: | 2011年3月19日 (土) 21時36分

茅ヶ崎支部でチャリティー用ステッカー作製し販売してはどうですか? ステッカーの利益を寄付するというのは? このような状況でもし海に入るとき少しでもステッカー見ながら海に入ればなんとなく気持が平静で波乗りできるのでは?

投稿: | 2011年3月20日 (日) 08時19分

海に近い私たち茅ヶ崎人。
津波はもちろんですが放射能…これから雨も降りますし、水質も心配です。
茅ヶ崎のほうで海水の水質の調査はあるのでしょうかね?
今日も鵠沼で数十人海に入っている人がいて驚きでした。よそから来たサーファーでしょうか?
わかりませんが。
いろいろな考えをお持ち何々の方がいらっしゃると思います。
私は今は茅ヶ崎は規制するべきと思います。
茅ヶ崎支部は間違っていないと思います。

投稿: | 2011年3月20日 (日) 13時26分

色々な意見があって当然だと思います。
ことの発端は、震災当日、翌日、翌々日に大津波警報が発令されていたにもかかわらず、波乗りをしていた方がおり、警察、市防災対策課から問い合わせがあったことに端をはっしている部分もあります。
現在は、確かに津波注意報も、警報も発令されておりませんが、いまだに、震度5クラスの余震が太平洋側で発生している状況を見ると、市としてもサーフィンしても大丈夫ですよとは、言えないと思います。
自己責任の名の下で、波乗りを行うことは当然だと思います。
但し、時と場合にもよると、言うことをみなで認識する良い機会だったとも考えられますよね。
茅ヶ崎支部で出している標識も自主規制中とのことであり、強制してのことではありませんよね。
はき違えてしまった方がいたのは、残念ですが。
しかし、支部としてこのような対応をとるこは、海を生業としている彼らにとっても、死活問題であることは、明白なのにもかかわらず、このような対応を行った真意もあるのではないでしょか。
今後、起こりうる東海、東南海地震において、自分たちが自己責任で、また、しっかりとした防災知識を身に着けた上で、楽しく波乗りができるようになりましょうね!

投稿: ちゃま | 2011年3月20日 (日) 22時24分

茅ヶ崎支部の自粛(規制)に賛成です。
恐らくそろそろ解禁されることとは思いますが、この1週間の間にも波乗りされている方が見受けられたと聞きました。またそれについて注意したことに対し、強く反論されてきた方もいたとか・・・。
波乗りしたくてしょうがないKIDSたちでさえ現状を理解し自粛しているのに、そのような大人がいたことが信じられません。
自己責任、自己判断の意見に断固反対という気はありません。
とはいえ極端に言えば、余震確立の高い時期にもしも何かあった時、わかっててやったことだから救助はいらないということですか?
そうはいかないですよね。きっと救助は向かいます。
こういう時期だからこそ、波乗りのリスクに伴う地域への配慮を考慮すべきだと思います。

投稿: | 2011年3月22日 (火) 11時51分

ご意見、ありがとうございます。
確かに、子供たちが、我慢していたことは、本当に大したのもだと思いました。
一番、波乗りしたい時期に・・・
彼らに見習うことが、沢山ありますよね。

投稿: ちゃま | 2011年3月22日 (火) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173247/51161853

この記事へのトラックバック一覧です: オンショアで:

« 今日 | トップページ | 穏やかです »